後藤孝規のWoman master Project 映像&音声&テキストの究極の恋愛ノウハウ 返金保障、最強の特典&最強のサポート付き

私のお見合い体験談

恋愛体験談

  • 動画版ホスピタリティ~ある病院でのエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売
  • ペロペロ催眠オナホ_2nd

私のお見合い体験談

私は30代半ばの独身の男性会社員ですが、過去にお見合いをしました。しかし、その前に体験したネット恋愛が強く脳裏に焼きついていて、結局お見合いは破談に終わりました。
私は法科大学院の合格が決まった頃、よく某巨大掲示板の司法試験関連のスレッドをのぞいていました。あるスレッドに、いわゆるコテハンさん(固定のハンドルネームを使う人のこと)が常駐しており、法律の勉強のやり方、法科大学院の受験対策などについて質問していました。

私は、そのコテハンさんが男性なのか女性なのか分かりませんでしたが、ですます調で丁寧に回答していました。ある日の早朝、そのスレッドをのぞいてみると、コテハンさんがまた質問を書き込んでいました。それに対していつものように丁寧に回答を書き込みました。すると、そのコテハンさんがリアルタイムでそのスレッドを見ていて、「友達になって下さい」と書き込みました。私は少し驚き、「どうやって友達になるんですか?」と書き込むと、コテハンさんはURLのリンクを貼り、「このURLをクリックしたらメアドを書き込めますよ。(当時はLINEなどなかった)」と書き込みました。

私は詐欺にでも遭うのではないかと警戒しましたが、いざとなればメアドを変えればいいと思い、思いきってURLをクリックしてメアドを書き込みました。すると、しばらくしてそのコテハンさんからメールが来ました。そんなに頻繁ではなく時々メールするぐらいのやり取りを数週間続けました。そのコテハンさんが男なのか女なのかずっと分かりませんでした。本人は女だと言っていましたが、その証拠はなかったのです。そのうち電話番号を交換して電話をしました。

すると可愛い声の女性が出ました。そのとき初めて女性だと分かりました。そしてお互いの写メを交換することになりました。送られてきた彼女の写メは、顔のところはぼかされていましたが、ツヤツヤのロングヘアーのすごく綺麗な感じの女性でした。私は少し心が踊りました。ちなみにその女性はなぜか名前と年齢を教えてくれませんでした。法科大学院進学後は、メールも電話も途絶え、その子のことを考えることはほとんどなくなりました。ところが、法科大学院1年目の夏休み前に久しぶりにその女性からメールがあり、私が住んでいるところに遊びに行きたいということでした。夏休みの予定がなかったこともありオッケーしました。

そして、夏休みにその女性が新幹線に乗ってはるばる来てくれて、私の部屋で一週間過ごしました。一緒に飲みに行ったり、神社仏閣を巡ったり、すごく楽しくて、今でもいい思い出として残る夏休みになりました。その夏休みにようやく名前と年齢を教えてもらいました。私よりも少し年上の女性でした。生い立ちや今までの人生が波乱に満ちていて、すごく興味深く、魅力的な女性でした。私は彼女が地元に帰ると物凄く寂しく、切なく、いてもたってもいられない気持ちになりました。彼女からのメールばかり気にして勉強に集中できませんでした。それなのに私は精神的に幼く、彼女に対する気持ちをうまく表現できませんでした。強がりばかり言っていました。そしてその夏休みから2か月後にまた彼女が来てくれましたが、私の素直じゃない性格が前面に出てしまい、ついに二人の関係は終わりました。

このネット恋愛から早くも10年以上が経ちましたが、今でも鮮明に記憶に残っています。ひと夏だけのほろ苦い恋愛でした。
その恋愛から2年が経った頃、事業をしている両親の取引先の娘さんを紹介され、お見合いをしました。某有名女子大を卒業した、上品で綺麗な女性でした。山口もえによく似ていました。そして二人きりでカフェに行って話したりしましたが、男性慣れしていないのか、終始緊張気味の様子でした。2回デートをしましたが、やはり会話が弾まず、その女性には魅力を感じませんでした。私はまたあの夏休みに出会ったような女性を待ち望んでいたのです。

とても結婚など考えられず、2回目のデートの後ではっきりと交際をお断りしました。
やっぱり私はお見合いよりも出会いから始まる恋愛にこだわります。

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 僕と恋するポンコツアクマ。すっごいえっち! ダウンロード販売
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

僕と恋するポンコツアクマ。すっごいえっち! ダウンロード販売